極寒の平昌オリンピックでメダルラッシュが報告されるさなか、非常に残念なニュースが入ってきました。スピードスケーターの斎藤慧選手に、禁止薬物の陽性反応が出たそうです。

本人は「故意ではない」とおっしゃているそうで、これからいろいろと真相が明らかになると思われますが、すでに選手村からは撤退されたようで本当にショッキングですね。

まだ始まったばかりの平昌オリンピックで、これからますますメダル争いが白熱しそうな勢いなのに、非常に勿体無いですね。

スポンサーリンク

斎藤慧選手から検出されたアセタゾラミドとは?

私は薬や薬物については専門家ではありませんが、アセタゾラミドとは主に利尿作用が強いようですね。緑内障やメニエール症候群でよく処方されるとのことなので、体内の水分が多く、その圧力が強すぎて体に異常が起こるような病気に対して、尿量を増やして体内の水分を減らし、症状を軽くする役割のようです。

他にも、肺気腫や月経前緊張症、睡眠時無呼吸症候群、高山病の予防にも使われるようです。緊張を緩めたり、呼吸が苦しくならないように処方されるのでしょう。

しかし、斎藤慧選手に、これらのような症状があるとは考えにくいですよね。様々な理由が考えられますが、陽性反応が出てしまったという事実は覆すことができないので本当に残念です。

スポンサーリンク

斎藤慧選手の経歴

斎藤慧選手はスピードスケート・ショートトラックの日本代表選手です。

1996年生まれ、神奈川県出身、神奈川大学に在学中です。

2014年には、距離別選手権大会の1000mで優勝しています!素晴らしいですね。

今回の平昌オリンピックには、なんと実の姉の斎藤仁美さんも出場しています。家族でスピードスケートに取り組み、「チーム斎藤でオリンピック」を果たしたにも関わらずこのような結果が待ち受けていようとは・・・

斎藤慧選手は、この平昌オリンピックでは、補欠でのエントリーのようですが、チームとしても、日本選手団としても、そして家族にとっても悲しい出来事です。

saitoukei.suke-to.do-pingu

故意じゃなければどうやって摂取を??

mixiのつぶやきでは、どうやら不穏な空気が流れています。もしかしたら「薬物を盛られたのでは?」というような内容です。

 

・遂に妨害工作が始まったらしい。選手村の食堂とかも気をつけて欲しいです。薬物入りの食事が出ていないとも限らないので・・・

・補欠選手がドーピングして足引っ張るとかあまり考えられないんだけど・・・

・日本人だと飲み水ですら警戒が必要。何か盛られたと思っても仕方ない。次の犠牲者が出ないことを祈ろう。

 

などというつぶやきが多数見受けられます。

確かに、先日発覚した、カヌー選手が後輩に禁止薬物を入れた事件がありましたし、こればかりは正直言って分かりませんよね・・・

まだまだ若くてこれからも活躍できる斎藤選手が引退などに追い込まれないよう見守りたいですね。

スポンサーリンク