TOKIOの山口達也さんが起こした強制わいせつ事件で、事件そのものはもちろんですが、山口さんがアルコールが原因で体調を崩し、入院していた事も驚きましたね。

入院期間は約1ヶ月とのことですが、その間も普通に仕事をしていたというのにはショッキングでした。

記者会見では、「肝臓を休ませるための入院」とおっしゃっていました。

詳しい情報がないので予測ですが、「アルコール性肝炎」のための入院措置だってのではないでしょうか?

肝硬変の初期段階だったのかもしれませんが、かなり大変な病気ですよね。

その事を、ジャニーズ事務所は把握していなかったのでしょうか?

スポンサーリンク

山口達也はアルコール中毒なのか?

アルコール性の肝臓病の初期段階では、肝臓に中性脂肪が溜まる「脂肪肝」から始まりますが、これはアルコールをやめれば治ります。

しかし、それに気づかず放置してそのままアルコールを大量に飲み続けると、肝臓の細胞が壊れ始め、肝臓自体が固くなる「肝硬変」に移行します。

山口達也さんが肝硬変だったのかはわかりませんが、おそらくその一歩手前の状態なのでしょう。

記者会見では、ご本人は「依存症ではない」と口にしていましたが、退院した日に大量のお酒を飲んでいるという事実からすると、かなりアルコール中毒の可能性が高いのではないでしょうか。

アルコール中毒や依存症の治療は、専門の知識や経験を持った医師のもとで入院しながら治療するのが一般的なようですが、その導入段階で「アルコール依存症が病気である事を患者本人に認識させる」ことからスタートするそうです。

しかし、山口さんは依存症ではないと言っているので、アル中を治すための入院ではなく、肝臓の機能を回復させるための入院だったのでしょうね。

どんな病院に入院していたのか分からないので予測でしかありませんが、体調が悪いので普通に内科に行って血液検査をしたら、肝臓の数値が異常だったので、入院したという経緯なのでしょうか。

もしそうなら、本人が「依存はしていない」と思い込んでいる節に納得できます。

はたから見ると、決してそうではないのに・・・

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所の体制に責任は?

今回の事件でのジャニーズ事務所の対応で、おかしいだろ!と思う事をあげてみます。

 

・NHKが報じた後に、非常に短文の謝罪文を出している

謝罪文を発信するタイミングが遅く、内容も何となく「もう和解してる」と思わせるような文面

 

・これだけの事件なのに会見場に現れたのは本人と弁護士だけ

普通の企業だったら会社のトップや責任者が同席して頭を下げる

 

・「事実を知ったのはつい最近のこと」と言ってるけどそれでも時間はかなり経っている

つい最近って2〜3日前のことだと思うのですが、半月近く前には報告を受けていますよね?

 

・加害者側の弁護士が被害者の心情を述べている

被害者側の弁護士が読むのなら筋が通るのですが、加害者側が読むことで、いかにも「もう許してもらってる」というイメージを刷り込ませようとしているように感じる

 

・「被害者が未成年」「正式な刑事処分がまだ出ていない」などの理由から、話せないことが多い

正論を言っているようですが、隠蔽しようとしているとも受け取れます

 

・無期限謹慎

中途半端ですよね?意味がわかりません。

これだけの騒ぎを起こしたら「即刻クビ」、もしくは、本人が潔く「責任を取って引退」するのが筋じゃないかなと思います。

 

これらは事件が起こってからの対応について不振な点ですが、そもそも、山口達也さんは入院しているわけですから、その事を事務所は把握していなかったのでしょうか?

山口さんは「病院から仕事場に通っていた」と話していますが、肝臓が悪くて入院している人間を、それでも酷使する会社なのでしょうか?

ジャニーズ事務所はここ最近、いろいろな問題が表に出ていますが、「ジャニーズになりたい!」とアイドルに憧れる男の子も、もう少なくなってしまうでしょうね。

jyani-zu,arutyu,sekinin

アル中の完治は難しい?

社会生活も家庭生活もうまくいかなくなるのがアルコール中毒の恐ろしいところです。

自分ではコントロールできないのですから、当然ですよね・・・

専門家の支え、そして何より、家族や友人の支えが何よりも大切だと思います。

1人では、アル中や依存症を完治することは不可能に近いでしょう。

離婚された山口さんにとって、一番身近な存在となるのが、TOKIOのメンバーやジャニーズ事務所ではなかったのかな?

そうじゃなければ、テレビやコンサートでは仲が良さそうに見えるだけで、大した信頼のないグループだったってことでしょうね。

入院してても仕事を休めないほどの会社で働くことは、心も体もボロボロになるほどストレスのかかるところで、お酒に走らざるを得なかったのかもしれないですね。

問題はいろいろと複雑なようですね。

スポンサーリンク