アニサキスってご存知ですか?今の時期の魚介類にはアニサキスが多いから注意した方がいいと昔からよく聞かされていました。

2007年にアニサキスによる食中毒の報告はわずか6件だったのに対し、10年で20倍に膨れ上がってがってしまった報告件数。2016年では124件だったそうです。

美味しい生の魚介類に寄生するアニサキスという虫・・・なんだか食べるのが怖くなってしまいますね。

スポンサーリンク

アニサキスによる食中毒が急増中!

実は、私もアニサキスによる食中毒を起こしたばかりなんです。しかも二度・・・

原因は完全に「シメサバ」でした。しかも見るからに鮮度の落ちたシメサバ。せっかくいただいたからと思い、つい食べてしまったんです。家族からは「やめておいた方が」と忠告は受けたのですが。

アニサキスとは、魚介類の内臓に寄生している幼虫のことです。気持ち悪いですね。だんだん鮮度が落ちてくると、アニサキスは筋肉に移動していくのだそうです。そしてそれを人が食べると・・・

原因となる食品は、最も多いのが「サバ」で、さんま、アジ、シャケ、いかなどにも寄生していることが多いようです。

特に「シメサバ」を食べて食中毒を起こすケースが多発しているらしく、酢でシメてるから大丈夫だろうということは関係ないことが分かりますね!

スポンサーリンク

激しい胃痛、蕁麻疹などのアレルギーも・・・

さて、鮮度の落ちた「シメサバ」を食した私は、その後激しい胃痛で起きていられなくなりました。ですがその時はまだただの食あたりくらいにしか考えておらず、どうにかその夜をやり過ごしたのです。

翌日も胃を捻りあげられるような痛みが度々起こりましたが、なんとか仕事を終えました。

そして家族に報告すると、「あんたそれアニサキスだよ!」と言われ、やっと気づいたのです。

寒気がゾクゾクしていた頃に、同時に体が痒くなったのも覚えています。湿疹が皮膚に出たわけではありませんが、無性に首のあたりが痒くて痒くて・・・

これもアニサキス食中毒の症状の一つですね。Facebookでシメサバを食べた後に胃痛がひどいと投稿したら、多くの方から「アニサキスだよ!即病院!」といったコメントをいただきました。

どうにか病院に行くまでに至らなかったものの、本当に辛い経験でした。ですが、それに懲りずに二度目もまた「シメサバ」を食べたんです・・・その時は痛くも痒くもなかったのですが、食後やはり3時間後くらいに突然吐き気がしまして、トイレで一人吐きまくるという結果になりました。

アニサキス 寄生虫 食中毒

その他の症状と治療法を紹介!

恐ろしいことに、「胃アニサキス症」「腸アニサキス症」という症状もあるようです。これは、アニサキスの幼虫が内臓を突き抜けて他の臓器の様々な場所に移動するというものです。

さらに、アニサキスアレルギーといって、アナフィラキシーショックを起こし、意識障害や呼吸不全、血圧が急降下するなど、命の危険もあるのだそうですよ!!

私はこんな症状に襲われずに済んで本当にラッキーでした・・・もう二度とシメサバは口にしないと思います。好きだったんですけどねぇ(涙)

スポンサーリンク