仕事で忙しいビジネスマンや、子育てでなかなか自分の時間が作れないママ、部活やアルバイトで勉強する時間がない学生さんなどに最近とても好評なのが、隙間時間を利用したり、何かしながらでもできる耳で読む本の「オーディオブック」です。

書籍を音声化したオーディオブックの長所は、一つは時間を有効に使えること、もう一つは「聴く」ということです。人間は動くものからの視覚情報は抜群に入るのですが、本の中の文字はは動かないので読むのに苦痛を感じる人もいると思いますが、耳からの情報は特に集中しなくてもすんなり頭に入ってくるのです。この二つの特徴が合わさって効率よく読書ができます。(聴書といった方がいいのかな?)

私もなかなかじっくりと本を読む時間がないので、このようなサービスは利用したいと思いました!

スポンサーリンク

オーディオブックって本当に効果があるの?

日本ではまだまだ認知度が低いオーディオブックですが、アメリカではすでに日常的にオーディオブックは活用されています。あのグラミー賞でも「オーディオブック部門」が存在しているくらいです。

アメリカ社会では車での移動が多いのでオーディオブックの2009年の売上は9億ドルにもなっていますし、現在ではインターネットが普及してダウンロード数が急激に伸びているそうです。

日本では、そんなアメリカに比べてまだ小規模ですが、有名俳優による小説の朗読や、落語やライトノベルなどが一時流行りました。

近年、日本でもオーディオブックを扱う会社が急成長してきています。やはり利用者が「効果がある!」と確信し、ネット社会の波に乗って誰でも気軽に使えるようになったからでしょう。

オーディオブックを実際に利用している方の声を見てみましょう。

・本を読むのが遅い人でも、オーディオブックならナレーターが読み上げてくれるので、分厚い本でも数時間で聴ける

・スマホやMP3プレイヤーで聴けるので本を持ち歩かなくて便利

・これまでは読む時間がなかったが、通勤途中やジム、家事をしながら聴くことができるので、知識が増えて人生が変わった

・繰り返し聴くことで記憶に残りやすい

・新たな学校向けの勉強法としての可能性がある

このように、まだまだ多くの「オーディオブックは凄い!」という情報があふれています。

o-dhiobukku,kikuhon,osusume

無料でオススメできるオーディオブックはこれ!

そうはいってもなかなか足を踏み入れられないのが日本人。だからまずは無料で試すことができたら安心ですよね。

Audible(オーディブル)

1ヶ月無料体験ができるのでオススメです。無料体験終了後は、月額1500円になるので注意してくださいね。サンプルもあるのでぜひ一度聴いてみてください。

スポンサーリンク

オーディオブックの使い方

忙しい人ほど重宝しそうなオーディオブック。せっかく本を買っても本棚の肥やしになってしまうという経験はありませんか?もしかしたらオーディオブックが解決してくれるかもしれませんね。

まずは、どのサービスでもだいたい会員登録が必要になります。続いてアプリをインストール。これもだいたいどのサービスも同じです。

あとはログインして聴きたい本をダウンロードして再生ボタンを押してください!

アプリによっては再生速度を速めたりもできるので、本を聴くスピードも上がり沢山読めそうです。

本のつながりが増えれば、世界も広がるのではないでしょうか!まずはお試しから始めてみてください。

スポンサーリンク