相撲協会にまた新たな問題が浮上してきました。今度は大砂嵐力士による交通事故。しかしどうやらただの交通事故ではなく、無免許運転だったようです。その他にも時間が過ぎるごとに様々な問題が浮き彫りになってきています。

そもそも現役の力士は車の運転が禁止されているとか。これは私も知りませんでした。確かに、お相撲さんが車を運転している姿は見たことがありませんし、よくタクシーを利用しているイメージがありますね。

お相撲さんが車を運転できないとなると、不便だろうと思います。

スポンサーリンク

現役力士は車を運転しちゃいけない?

結論から言うと、現役の力士は車の運転をしてはいけません。これは相撲協会の自主規制での決定事項で、1985年から運転禁止令が定まっています。

その頃人気のあった水戸泉関、蔵馬関の両力士が、次々に事故を起こしてしまったことからこのような措置が取られるようになりました。

それにしてもどうしてお相撲さんだけがそのような不便なことになるんでしょうか。多くのスポーツ選手は移動手段に自分で車を運転して練習や試合、買い物などに向かうことは多々あると思うのですが・・・

しかし、車の運転はできないものの、運転免許の取得はできるようです。もちろん、免許の更新も。なので、幕下時代の若い頃や、引退する直前に自動車学校に通う力士の姿が見られるのだそうです。

でも、あの巨体で車の乗り降りもなんだか大変そうな気がしますね!車も軽自動車のようなコンパクトなものだと窮屈そうですね!

スポンサーリンク

力士の交通手段とは?

では車を運転できないお相撲さんたちは、地方などに出向くときはどのような交通手段を使うのでしょうか。気になりませんか?

相撲協会では、車だけでなく、なるべく飛行機も利用しないようにしているそうです。確かに、飛行機のあの狭い座席に大きなお相撲さんはそもそも乗れないような気がしますね。それから、もしも飛行機を使わなければいけない時は、2班に別れて搭乗するのだとか。これは、万が一飛行機が墜落した場合、伝統が消えてなくならないようにするためなのだそうです。

ですから、現役の力士はほとんどが新幹線を利用して地方に移動することになります。

そして、驚いたことに、番付によって使える交通手段が決まっているのだそうです!

幕下以下・・・自転車、電車などの公共交通機関

十両以上・・・タクシー

幕内以上・・・運転手付きの車

2007年に、車の運転を解禁しようという動きもあったようですが、あっさりとその訴えも退けられてしまったようですね。

それにしても、本当にお相撲さんは移動が大変なんだと改めて知ることができました。

大砂嵐関の問題は今後どうなる?

だからと言って、流石に無免許運転は許されませんね!それどころか、追突事故ですからね。相撲協会では厳しく車の運転は禁止しています。これを簡単に破ってしまったのですからかなり深刻な問題です。

さらに、大砂嵐関は自分が運転していたにも関わらず妻が運転していたと嘘の報告もしているらしいので、またこれからこの問題はますますヒートアップしてしまうのではないでしょうか?

大砂嵐関はエジプト出身の25歳。まだまだこれから活躍できる力士なのでとても残念です。

スポンサーリンク