東尾理子さん、石田純一さん夫妻に、めでたく第三子が誕生しました。

私は東尾理子さんの妊娠の報道を知らなかったので、びっくりしてツイッターで検索してみると、同じように「いつの間に三人目!?」というツイートがあったので、驚かれた方もいらっしゃると思います。

東尾理子さんは、2009年に結婚し、2012年に一人目、2016年に二人目のお子さんを出産しています。

そして2018年に無事に三人目のご誕生です!

東尾理子さんの妊娠出産には、第一子から不妊治療が話題になりましたが、今回の出産ではどうだったのでしょうか。

スポンサーリンク

東尾理子はいつ第三子の妊娠報告をしたの?

さかのぼって調べたところ、東尾理子さんの第三子の妊娠報告は2017年11月7日の関西のローカルテレビ番組内で発表されていたようです。

当時41歳の東尾さん、私が知らなかっただけで、世間ではかなり話題になっていたのですね・・・

東尾理子さんのご主人は、石田純一さんですが、石田さんにとっては5人目のお子さんということになるんですね〜。

しかも、石田純一さんのお子さんである、いしだ壱成さんも授かり結婚のご報告が。

ということは、石田純一さんにとっては、自分のお子さんとお孫さんが同じ年に生まれる?ということになるようです。

いろいろ複雑というか、一瞬頭がこんがらがってしまいそうな家庭事情ですが、とにかく母子ともに健康で、無事に出産に至った事が何よりおめでたいです!

スポンサーリンク

夫が高齢でも自然に妊娠できた?

東尾理子さんは、「凍結胚移植」という不妊治療を行っていますね。

採取した卵子と精子を体外受精させ、出来た受精卵を凍結させ、子宮に移植させる方法です。

妊娠する確率は意外にも高いようですが、それでも35パーセントほどだとか・・・

不妊治療といえばそうですが、それでも子宮の中でしっかり着床できて妊娠に至ったのであれば、自然妊娠といっても間違いではないようにも思います。

第一子も第二子も凍結胚移植を行った東尾理子さんですが、第二子の時は一度流産を経験したそうです。

高齢で不妊治療をしていると、流産は心にも体にも相当なショックだったと思います。

私も一度流産してるので、その気持ちは本当に分かりますが、それでも立ち直って三人目のお子さんまで出産されて、励みになる方は多いだろうと思います。

higashioriko,sanninme,sizenninshin

不妊治療と高齢出産について

東尾理子さんのブログで、「妊娠適齢期」というタイトルの記事がありますが、私もそう思います。

若いうちに産めばいいというわけではありませんが、出来るだけ高齢ではない方が妊娠する確率も高いですし、母体も丈夫です。

高齢出産が不健康だという意味ではありませんが、私ももう少し若いうちに産めたらよかったのかな?と考えるときはありますね。

少子化の時代ですが、芸能界でも一般社会でも、「子供を産む事が新たなステータスシンボル」になりつつあるような気がします。

不妊治療はした事がありませんが、大変だと聞きます。

東尾理子さんの経験が多くの人の希望になるといいですね!

スポンサーリンク