TBS系の新ドラマ「きみが心に棲みついた」が始まりましたね。三角関係恋愛ドラマですが、男性出演者の向井理さん、桐谷健太さんが好きな私にとってはとても気になるドラマなので楽しみにしていました。

このドラマは、現在もフィールヤングで連載中の漫画で、作者は天童きりんさん。ドラマ化されるということは原作はとても人気があるのでしょうね。

主人公「小川今日子」役を演じるのは連続ドラマ初主演となる吉岡里帆さんで、少しクセのある難しい役を主役として演じることになります。

そんな中、共演の向井理さんの役が「怖すぎる」と話題に!あの優しい眼差しのどこに「恐怖」を感じさせるものがあるのか調べて見ました。

スポンサーリンク

向井理がサイコパス?ドS?新手のストーカー?

1月16日に第1話の放送がありました。

原作ファン、向井理さんのファンとしては絶対に見逃せないでしょう。

ツイッターでの反応は、「狂気感がかっこいい」「向井理のサイコパスが怖くて最後まで見れるか分からない」「色気のあるサイコパス最高」「DV役が絶妙にマッチしててコワイ」「向井理サイコパス過ぎ・・・嫌いになりそう」など様々な意見が飛び交っているのをみると、どっちにしても話題性の高いドラマになるのは間違いなさそうですね。

涙を流しながら「俺だけのために生きてくれ」と弱さを見せる場面があったと思いきや、主人公の首を絞めたり、髪の毛をバサバサ切ったりハサミを振り上げたり、非通知で何度も携帯に電話してきたり・・・

まだまだ始まったばかりのドラマですが、爽やかなイケメンというイメージの向井理とは天地がひっくり返るほどのひどい男を演じています。

何だかんだこれからの展開や向井理がこれからどんな凶暴さを見せてくれるのかが楽しみなドラマになりそうです!

スポンサーリンク

「きみが心に棲みついた」第1話のあらすじ

主人公の小川今日子は、自分に自信がなく、幼い頃からいじめられたり、思っていることが言えずついどもってしまうクセがあり、自分を変えたいと毎日強く思っていました。

そんな今日子と大学時代に付き合っていたのが向井理が演じる星名という男で、今日子を利用して自分の思い通りに動かすことで支配欲を満たしていました。

今日子はトラウマを抱えながらも星名との関係を断ち、とあるランジェリーメーカーで気心知れた仲間に恵まれて仕事に熱中していたのですが、同僚の誘いで人生初の合コンに出席することになり、そこで桐谷健太が演じる吉崎と出会います。

自分にはないものを持っている吉崎に心惹かれ、新しい恋へ踏み出そうと気持ちをリセットしようとするのですが、そこへあの星名が今日子の会社に転勤してくることになったのです。

変わりたいのに変われない今日子の苦悩、星名がこれからどう動いて今日子を意のままに操ろうとするのか、そして吉崎との新しい恋の行方は?

第2話以降がとても待ち遠しいですね!!

kiminokokoronisumituita,dorama,mukaiosamu

新しい役で向井理の再ブームが来るのか!?

向井理さんがこれまで演じてきた役は、心やさしき青年や、知的なエリートや、イケメンのおぼっちゃまというような美しいキャラクターが際立っていたように思います。

美しさに変わりはないのですが、「悪役」じみた向井理さんを見れるとなるとやはり興奮しますね。

ご本人も新境地に意欲を見せるようなコメントを出しています。

そして、原作をこよなく愛するファンからも、「星名という男を理解した素晴らしい演技だ」という声も上がっていて、「サイコパス向井理」ブームがこの冬訪れるかも知れませんね!

スポンサーリンク