2012年のロンドンオリンピックで、ボクシング競技のミドル級で金メダリストとなった我が日本のプロボクサーである村田諒太選手。その決勝戦では、ブラジルのエスキバ・ファルカオを破っての勝利で、日本人選手が世界から金メダルを奪還するのは48年ぶりの快挙ということで日本中を熱狂させましたね。

そんな村田諒太選手が初の世界戦に挑戦です。世界ボクシング協会(WBA)のミドル級のチャンピオンを決める王座決定戦です。何しろ初めての世界タイトルマッチ、緊張感もひとしおでしょうね!

水泳や陸上からボクシングに転身して数々の成績を納めるようになった村田選手のことを書いてみようと思います。

スポンサーリンク

村田諒太選手の世界初挑戦!

2017年5月20日、東京は有明コロシアムで村田諒太選手が出場するミドル級王座決定戦が開催されます。なんと、この階級では日本人選手は22年間もの間、王者の座に君臨した選手はいないそうです。

そこを得意のパンチのタイミングの良さを生かして狙っているわけです。

村田諒太選手の強みは、とにかく研究熱心で相手をとことん知り尽くすことなのだとか。そして技術的なことでは先ほども触れたパンチのタイミングなのだそうです。絶妙なタイミングで、動き回る相手にパンチを浴びせることができると各方面で評価されています。

そして、気になる対戦相手は、フランスのアッサン・エンダム選手。元世界王者ということで、村田選手もやりにくい相手でしょうね。

世界戦の試合をテレビ中継で観戦!

スポンサーリンク

生放送で中継される村田諒太選手の世界王者への挑戦。フジテレビ系列で19時からだそうですよ!

私は格闘技系はあまり好きではないのですが・・・子供がもしボクシングをやりたいと言っても許さないかもしれません。我が子がスポーツの試合といえども殴られてる姿などそうみたくはありません。

しかしやはり、土曜日のゴールデンタイムですから、視聴率はかなり高くなるのではないでしょうか?

「ボクシングフェス2017スーパー2デイズ」という日本のボクシング業界では例を見ないビッグイベントとして取り上げられるようです。

村田諒太選手以外にも全5試合が行われ、多くのボクシングファンが大声援を送るのでしょう。

村田諒太 ボクシング 世界

今回の勝利を誓う入場曲はなんでしょう?

村田諒太選手の入場曲でおなじみの、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」は今回も変更なく流されるようですね。

なぜこの曲なのか?というストーリーがとても印象的なので紹介します。

高校時代の恩師に「これからはプロという後悔に出る」という彼が試合で真っ先に気持ちを高める入場という場で使う曲に選ぶほど、心を揺さぶる内容の手紙をもらったことだといいます。

大切な恩師の言葉を素直に受け取り、いつまでも肌身離さず持ち歩くお守りのようにそばに置いておきたいものなのでしょう。

主人公のジャック・スパロウのように打たれても打たれても立ち上がり、どんな困難にも負けない精神でこの大会に臨み、勝利を掴んでチャンピオンとして咲き誇って欲しいものです。

村田諒太選手、応援してます!!

スポンサーリンク