大人から子供まで、今や世界中で幅広い人気の「進撃の巨人」の第3期が7月からスタートすることが分かりました。これまでは民放やケーブルテレビ系やオンデマンド系での放送だったのですが、今回の進撃の巨人第3期は公共放送のNHKで始まるのです。

NHKではこれまでにも多くのアニメを放送していますが、進撃の巨人となるとちょっと「えっ!?」と感じてしまいます。結構過激なシーンや残虐な場面が多いですからね。

なぜNHKで第3期から放送がスタートされるのでしょうか?

スポンサーリンク

やっぱり受信料目当てと思われても仕方がないよね。

NHKの受信料については実に様々な意見がありますよね。もちろん我が家はずっとお支払いしていますよ。NHKさんには子供達が相当お世話になっていますし、私自身も小さい頃から子供番組を見て育ってきましたからね。

ただ、「NHKなんて見ないのになんで受信料を払わなければいけないんだ!」と言って払わない人もたくさんいるようです。確かに、普段全くテレビを見ない人や、テレビが家にない人でも支払わなければいけないのはちょっとおかしいと思いますし、支払わない人の気持ちもわかる気がします。

ですが、NHKの朝ドラなどは作品自体や出演者、主題歌など毎回大きな話題を呼びますし、ニュースや特番でもかなり深い内容の番組もたくさんありますよね。

一番有り難いのは、無駄にCMがないこと!今回の進撃の巨人も、途中にCMを挟まずにサクサク見れるのはちょっと嬉しかったりしますね。

進撃の巨人は、怖いシーンもありますが、戦闘シーンなどはスピード感があってカッコよかったり、感動的な場面もあったりすることから、超人気のアニメです。

まさかとは思いますが、受信料を支払わないような層の方に対する訴求効果を狙っているのでは?と勘ぐってしまいますね。

スポンサーリンク

それとも紅白の視聴率を狙ってる?

進撃の巨人はオープニングの主題歌や挿入歌など、音楽も非常にかっこいいですよね。これまでのシーズンのオリジナルサウンドトラックの売上も好調のようですし、今回の第3期も非常に期待が高まっています。

もしかしたら2018年12月の紅白歌合戦も視野に入れているのかもしれません。2013年年末の第64回紅白歌合戦には、シーズン1のオープニング曲「紅蓮の弓矢」でLinked Horizon(リンクトホライズン)が初出場しました。

まだまだ先のことなので予想でしかありませんが、こちらも楽しみにしておきたいですね!

singekinokyojin,nhk,zankoku,dai3ki

公共放送でグロシーンは大丈夫?

一番気になるのは、進撃の巨人の数ある残酷なシーンが放送できるのかというところではないでしょうか。YouTubeなどで検索すると、悲惨なシーンが無数に表示されますからね。

しかし、進撃の巨人といえば、人間を捕食する巨人に立ち向かうという恐ろしいテーマが大前提なので、そこにモザイクや黒い影が入ってしまうと正直見る意味がないような・・・

私は超グロアニメファンですが、以前あるアニメがほとんど真っ黒な状態で放送されてドン引きしたことがあります。

NHKがどんな見せ方で大人気アニメを放送するのか、非常に注目度が高いですね。

スポンサーリンク