テレビ朝日系の夜11時代ドラマ、「明日の君がもっと好き」の第2話から、釈由美子さんが新たにレギュラー出演することが分かりました。

今回の役どころは、釈由美子さんにとっては新境地となる「ゲス女」に扮するとか。釈由美子さんには「アンチ釈」と呼ばれる子持ち主婦たちの掲示板があるそうですが、そこでまた炎上する書き込みが増えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

アンチ釈掲示板とは?

それにしても何で釈由美子さんは子持ち主婦層に嫌われるのでしょうか?アンチ釈掲示板のごく一部をご紹介します。

 

・ドラマ出演の度に殻を破ると言っている。釈さんの殻は相当分厚いようですね。

・タレントとしてオワコン。女優としてはエキストラ並み。

・ホントはママ友なんていないでしょ?芸能人ママ友もいない釈ばーさん可哀想すぎるからもうブログやめなよ!

 

ふぅーーーー。すごい量の批判、誹謗中傷です!

でも思ったんですが、これだけしっかり釈由美子さんのことをテレビやブログで観察しているということは、やっぱり釈由美子さんが気になるから見てるってことですよね?

釈由美子さんは1978年生まれ、グラビアアイドルとしてデビュー後、歌、モデル、タレント、女優など様々な仕事に挑戦しています。

2015年に結婚、2016年に第一子となる男児を出産していて、アメブロで育児ブログを書いています。

アンチの人たちがどうしてここまで釈由美子さんを否定するのかは分かりませんが、アンチが多いということもある意味注目されているということですよね。

スポンサーリンク

明日の君がもっと好きってどんなドラマ?

全然話は違いますが、このドラマ、セリフが古臭いことでも話題になってますね!では簡単に明日君のストーリーを紹介します。

普通の恋愛には冷めており、クセのある訳ありの男女4人の複雑な絡み合いのヒューマンラブストーリーです。

まともな恋愛からはちょっと、いやかなり外れた展開になっていくようなので、今までにない不思議なドラマになっているようです。重厚感たっぷりのオトナの恋愛、まさに現代版東京ラブストーリーという感じでしょうか?

そこにどんな形でゲス女の釈由美子さんが乱入してくるのか、ますます気になりますね。

syakuyumiko,gesuonna,asukimi

釈由美子、ゲス女になりきれるのか?

アンチの掲示板では、思っていた通り「ゲス女だからそのままでいいんじゃない?」「お似合いだ」などという書き込みもありました。

今回の釈由美子さんの役は、見た目は陽気に見えるが、幼い頃に受けた虐待のトラウマがあり、誘惑に弱い女性を絵案じるのだそうです。

そして、釈由美子さんご本人と同様、子持ちの女性役です。なにやら子持ちということがきっかけで屈辱を味わう羽目になる展開だとか。

明日君の第2話では、キスシーンのオンパレードとも言われているので、釈由美子さんにもアンチが嫌うキスシーンがあるのでしょうか?

スポンサーリンク