山本キッド徳郁さんが、癌で闘病中であるというショッキングなニュースをみて、驚くと同時に不安も覚えました。

山本キッドさんは現在41歳、性別や職業は違えど、私と同年代だからです。

やはり、まだ若い年齢で癌を発症したと聞くと、神経質に反応してしまいます。

山本キッドさんの病気の詳細は明かされていませんが、ガンであることは間違いないようです。

とても心配ですね・・・

40代で癌を発症するケースや、その後の進行度や死亡率はいまの時代一体どれほどなのでしょうか。

スポンサーリンク

山本キッドの病気とは

「KID」や「神の子」という異名を持つ格闘家の山本キッド徳郁さんは、幼い頃からレスリングで活躍していました。

それもそのはず、山本一族は格闘ファミリーなのです。

今度の闘いの相手は病気になってしまいましたが、山本キッドさんならきっと負けることなく勝利してくれることでしょう。

山本キッドさんの病気は、消化器系のガンであると言われています。

消化器系のガンで多いものは胃ガンや大腸ガンですが、消化器官は口から肛門まで幅広いので、山本キッドさんが消化器系のどこのガンなのかはハッキリ分かっていません。

2年前に病気がわかり、以降グアムで治療に専念しているそうです。

家族や姉妹、現地の友人などのサポートにより、日本ではなくグアムの地でガンと闘うファイターとして頑張っているようですね。

スポンサーリンク

40代のガン発症率と生存率

山本キッドさんは、1977年3月15日生まれの41歳。

神奈川県川崎市出身で、身長は163cmと男性にしては少し小柄な方でしょうか。

子供の頃から身体を鍛えて、成人してからは相当なトレーニングや食事を含め、健康面には気を使っていたと思うのですが・・・

 

ここからは、国立ガン研究センターのデータを参考にしていきます。

2013年のデータになるので、少し古いですが、生涯でガンになる確率は、男性で62%、女性で46%で、共に2人に1人の確率でガンになりうるという計算になっています。

そして、年齢による変化では、男女ともに50代で徐々に発症するケースが増えてはくるのですが、その前の30代後半からも、じわりじわりと罹患率のグラフが上昇していくのが分かります。

 

山本キッドさんの場合、消化器系のガンで2年前ということは39歳での発症です。

現代医学では、ガンも怖くない病気になってきたと言われてはいるようですが、命に関わる病気なのは間違いないし、再発という恐れもありますよね。

ただ、ガンのステージが末期であれば、余命数ヶ月と宣告を受けるので、山本キッドさんは2年ほど治療されているということは、現在も完全治癒のために治療を続けていると思われます。

それにしても、現在の写真はやせ細ってしまって・・・

あの鋭いながらも優しさに溢れた眼光も、元気のない表情に見えてしまいますね。

Yamamoto,kid,gan

40代のガンの進行度と死亡率

「若いとガンの進行が早い」と言われていますが、そうもはっきりと言い切れないと思います。

ガンのステージにもよりますし、部位にもよりますし、患者自身の体質でも変わってきます。

現代社会では、ありとあらゆるストレスに晒され、何が原因でガンになるかなど、誰も分からないし、情報がありすぎて、結局何を信じて良いのか判断が難しいですよね。

私が思うに、ガンの進行や死亡率の目安にできるのが、家系です。

両親や、両親の両親、両親の兄弟などの病気やガンの傾向を調べたり、知っておくことは自分にも当てはまる可能性はあるし、一つの例として参考にできると思います。

もちろん、100%ではありませんが!!

私も母方の系統はガンを発症する確率が高いので、一応がん保険はきちんと入っていますし、子供たちにも早くから加入させています。

山本キッドさんにもお子さんがいらっしゃいますよね。

子供たちのためにも、絶対元気になって日本に帰ってきてくださいね!!

 

【追記】

先程スマホのニュースアプリの通知であまりにも悲しいニュースが入りました。

山本キッドさんが、ガンであるとインスタグラムで多くのファンの方に報告をしてから1ヶ月も経たないうちに、帰らぬ人となったそうです。

ファンの方々以外にも、本当にたくさんの方の応援の声があったのに・・・

残念でなりません。

私は、この山本キッドさんの記事を書きながら、がんという病気のことや、40代でのガンの発症率や死亡率を調べて、乳がん健診を受けることにしました。

結果は異常なしでしたが、やはり早期発見早期治療のためにも、定期的ながん検診は必要だと改めて考えさせられました。

山本キッドさんのファイトは今後も語り継がれていくことでしょう。

どうぞ安らかに、お眠りください。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク