2018年の平昌オリンピック、フィギアスケートペアの日本チームの選手が、アニメ「ユーリ!!!on ICE」の劇中曲を使って氷上を滑走し、ネット上では感激の声が多数上がっています。

ペアで出場したのは須崎海羽選手と、木原龍一選手のお二人。そして今の所日本チームは3位の点数を維持しているようです!素晴らしい演技で、この曲でさらに感動もひとしおでした!

上位5チームがフリー戦に進出できるそうですが、これから話題になる要素盛りだくさんですね!

スポンサーリンク

アニメ「ユーリ!!!on ICE」ってどんなアニメ?

久保ミツロウさん、山本沙代さん原案で、2016年にアニメ化されました。

男子フィギアスケートの織田宣成さんや、ステファン・ランビエールさんが本人役として登場することでも話題になったそうです。

アニメの中で使用される演目もかなり本格的で、実際に滑って撮影した映像を元にスケートシーンが作られるなど、かなり手のこんだアニメ作品として有名です。

主人公はフィギアスケートの特別強化選手にも選ばれる実力の持ち主、勝生勇利(かつきゆうり)。しかしメンタルが弱いことが弱点で、勝利を得られずに過ごしていました。引退を決意し、故郷へと足を運ぶのですが、ひょんな事から勇利の滑るシーンを撮影した動画がアップされ、拡散されてしまいます。

その動画を見たロシア人コーチとともに決意を新たに翌年のファイナルグランプリを目指すという内容です。

そこから物語が次から次に展開して行くのでしょう。私はこのアニメを全く知らなかったので、ネタバレ禁止でこれからチェックしてみます。

スポンサーリンク

須崎選手と木原選手を紹介

・木原龍一選手

1992年生まれ、愛知県出身、木下グループに所属

2015年に、須崎海羽選手と正式にペアを結成しています。

・須崎海羽選手

1999年生まれ、愛知県出身、木下グループ所属

どちらの選手も元々はシングルのスケート選手なので、オリンピックまでの道のりは大変なものだっただろうと思います。どちらもペアとしての経験がほとんどないからです。

そんなお二人が平昌オリンピックの舞台で選んだ楽曲が「ユーリオンアイス」だったということで、世界中のスケートファン、アニメファンがツイッターで大騒ぎして感動の嵐になっています。

自然と涙が出そうな美しい旋律と、それにマッチした流れるようなスケートがとても素晴らしかったですね!

suzuki,kihara,yu-rionice

フィギアスケート団体戦の行方は?

10チームが参加して繰り広がられるフィギュアスケート団体戦は、男女、ペアとアイスダンスで競われ、上位の5チームがフリーの競技へと進むことができます。

種目ごとの合計点数で争われるのですが、まず日本男子の宇野昌麿選手がぶっちぎりの首位で好発進、それからペアの須崎選手、木原選手に引き継がれ、自己最高得点を記録し、総合で日本団体チームは3位での好位置に付いています。

これからドキドキですね〜〜!金メダルをぜひ獲得して欲しい!!これからアニメの方もまた話題になると思われます!

スポンサーリンク