欅坂46は、なんだかほろ苦い思春期の世界や青春時代の清々しさや痛々しさを彷彿とさせる、これまでの多人数アイドルグループとイメージが違ってちょっと目をつけていました。

デビュー曲「サイレントマジョリティー」や、「不協和音」「風に吹かれても」など、欅坂46の世界観を見事に表現した曲やMVはとても見応え、聞き応えのあるもので、ファーストアルバム「真っ白なものは汚したくなる」も素晴らしかったです。

そんな欅坂46ファンにはとても残念なニュースが・・・

中心メンバーとして活躍している「ずーみん」こと今泉佑唯さんが年内の活動休止を報告しました。ツイッターではファンの方々が心配しています。私もその一人です。

スポンサーリンク

ずーみんこと今泉佑唯の簡単なプロフィール

今泉佑唯(いまいずみゆい)

1998年9月30日生まれの神奈川県出身、身長は153cmと小柄で、血液型はO型。

欅坂46の中心メンバーとしてセンター争いにも関わるほどの実力の持ち主であり、ファッション誌「ar」のレギュラーモデルも務めるほどの才能もあります。

確かに、すごく目を引くキャラクターであり存在感を持っていますよね。

そしてなんと、5人兄弟の末っ子で4人のお兄さんがいるそうです。可愛がられて育ってきたのでしょうね!

アイドルとしてもファッションモデルとしても「これから!!」というタイミングなのに、ずーみんはどうして活動休止に追い込まれてしまったのでしょうか。

スポンサーリンク

1度目の活動休止、その理由とは?

2017年4月、1度目の活動休止が発表されましたね。それから4ヶ月後の8月に復帰宣言されました。いろいろなウワサがささやかれましたが、本人のブログから推測された活動休止理由は、過度の精神的ストレスや肉体的疲労から心身のバランスを崩した状態(自律神経失調症)ではないかと考えられています。

自律神経失調症の症状は実に様々で、多くの疾患が混在しているし、他人からは「あ、自律神経失調症だね!」と分かるものではないのでついガマンしたり無理をしたりして悪循環に陥りやすいです。

アイドルという激務や、ずーみん特有の頑張り屋、努力家、責任感の強さなどからそのような状態を招いてしまったのでしょうね。

活動休止の際には本当に多くの方がショックを受けていたし、応援していました。そして復帰の際には多くの喜びの声が巻き上がりました。

それだけに、今回の再度の活動休止の発表には本人はもちろん、またも寂しい思いや残念な思いをする人が後を立たないでしょう。

zumin,keyakizaka46,imaizumiyui,model

2度目の活動休止、復帰はいつになる?

年末年始はアイドルグループにとっては過酷な時期なのでしょうね。せっかく活動休止してゆっくりと状態が回復しているのであれば、今は無理をしてはいけません。

ドクターストップもあるようなので、症状としてはかなりダメージが大きいものだと考えられますし、ずーみんは本当に周囲に大事にされているのだなと感じさせてくれます。

ツイッター上では、「残念だけど見守っていきたい」「いろいろ考えさせられるけどまた違った欅坂が見れる事に期待!」「1日も早く元気な笑顔に戻りますように」など、応援のつぶやきが多くみられます。

復帰のことは今は考えず、本当にゆっくりと自分自身を取り戻して欲しいと願っています。

スポンサーリンク